全身管理と最新装備の訪問診療

img_1977

2018年1月より最新の装備充実した訪問診療を開始致します。2017年4月より訪問診療をより安全に、より患者負担を軽減できるよう訪問診療体制の見直し、装備の充実を目指してまいりました。全身管理については、心電図、血圧計を含むモニター、 AEDを訪問車に載せて持参できるように致しました。TM-2590NSK-300x2886856ae83

そして、歯科治療においては、治療道具一式入ったビバエースに加えレントゲン装置を導入し、より正確な診断ができるようになりました。

img1_file57ee332da8091yjimage

そして、最新の設備として口腔内スキャナーも導入いたしました。yjimage-1yjimage-2

現在は、保険での診療ができなく自費診療になってしまいますが、これは、従来、歯型を取るのに印象という操作が必要でしたが、この長い棒(カメラ)で口腔内の写真を撮るだけで、印象とか模型を作らず、被せ物、詰め物ができてしまうという画期的なものなのです。つまり、歯型をとるという操作は、誤嚥、誤飲をさせやすかったのですが、そのリスクが全く無くなります。そして、印象、模型を作る際には、変形とかのリスクがあるのですが、これも、直接データをとることでより正確な被せ物ができるようになりました。従来、この機械は大きく、訪問診療には、無理でした。2017年9月に、このコンパクトな製品が開発され、いち早く導入することと致しました。詰め物で35,000円〜、被せ物は50,000円〜となります。

©2017 ゆとり歯科医院 All Right Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?