入歯

あなたにあった入れ歯を装着しましょう

総入れ歯

義歯の中でも歯が1本も残っていない場合に装着されるのが総入れ歯です。 すべてが人工歯になるため、かみ合わせなどの問題だけでなく、食事の際の噛みごたえや味覚なども考慮して製作します。

ireba01

部分入れ歯

部分的に失ってしまった歯の代わりに入れる取り外し式の歯で、残っている歯や歯ぐきを支えに装着します。歯や歯ぐきの負担をできるだけ和らげるように設計していきます。

ireba02

金属床入れ歯

部分的にプレートを金属にすることで、入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすく、違和感が少なくなります。また、金属はプラスチックよりも熱伝導率がよく、温かい冷たいを感じやすいのも特長です。

ireba03

金属のない入れ歯

別名ノンクラスプデンチャーと言います。「クラスプ」というのは「バネ」という意味で、ノンクラスプデンチャーとは金属のバネの無い入れ歯の事です。素材は特殊な樹脂で、柔軟性があるのでバネのかわりになります。

ireba04

粘膜面にゴムを使用した入れ歯

レジンプラスチックでは粘膜に痛みが出てしまう方には、入れ歯の内側(粘膜面)にゴムを用いて、

保険と自費の違い

保険で製作するレジン(樹脂)の入れ歯は、欧米において治療の前などに一時的に使用する仮の入れ歯として位置づけられています。

欧米で長期に使用する入れ歯に使われる金属床(金属製)の入れ歯は、日本の保険では作れません。

今まで入れ歯でお悩みになられていた方は一度理想的に設計された自費の入れ歯を使ってみるとかなり楽になることが多いです。

ireba05

何かわからないことがございますか?

©2017 ゆとり歯科医院 All Right Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?