歯の移植・再植

歯の移植という治療を知っていますか?

人の歯は、自分のお口の中で移植ができます。例えば、親知らずや矯正で抜いた歯を、そのまま虫歯や事故で歯を失った場所に埋める(移植)することができます。

インプラントでも説明していますが、歯を失った場合は、ブリッジか入れ歯、インプラントが選択肢になります。しかし、ブリッジは失った歯の両隣を削る必要があり、入れ歯はバネが気になる方もいらっしゃいます。どちらも残っている歯に負担がかかるという問題点もあります。そうした点を解消してくれるという点で、インプラントはとても有効な治療です。

しかし当院ではもう一つ、歯の移植という選択肢を提供しています。

インプラントと歯の移植との決定的な違いは、天然の歯が持つ歯根膜があるかないかです。歯根膜はハンモックのような役割で、歯と歯茎を固定しています。それによりで周りの歯と同じような噛み心地を得られ、噛む力もコントロールしてくれます。つまり、歯の移植によって、歯を失う前と同じようなお口の状態にすることも可能になります。

90%を超える高い治療成功率

歯の移植に関しては、移植する歯やお口の状態により、その成功率は変わります。一般的には「50%くらいの成功率」と言われることも多いようです。

当院での歯の移植治療の成功率は 90%を超えております。それは、口腔外科を基礎にした人の手による繊細な技術と、最新機器を活用しているからです。

また、当院では、親知らずや矯正で抜いた歯を冷凍保存し、将来虫歯や事故で歯を失った時に、解凍して移植する「歯の銀行(ティースバンク)」サービスをしております。

これは、将来の健康に対する保険、自己投資ともいえます。

「歯の銀行」は、広島大学発のベンチャー企業スリーブラケッツ社の事業で、当院は第1回研修会に参加した歯科医院。これまでの実績から、院長は研修会で講師も務めております。

詳細は、こちらに専用のサイトを用意していますので、ご覧ください。

歯の移植・再植センター詳細はこちら

habank01

自分の歯で噛める喜び

インプラント治療には不安がある方

入れ歯にはしたくない方

他院で歯を抜くと言われた方

一度ご相談ください。

あなたのお口の状態が、歯の移植に適応できるかどうかの診査診断をします。

habank02

何かわからないことがございますか?

©2017 ゆとり歯科医院 All Right Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?