大人の歯が生えない、足りないと言われた方へ

IMG_0917

最近、大人の歯が足りない、歯が生えてこないという患者様が増えてきております。そのため、大人になってから入れ歯、ブリッジ、インプラント治療を選択していることが多くなってきております。当院では、矯正治療と歯の移植等の治療によつて、自分の歯だけで噛める様、治療しております。先日の日本再生医療学会で発表した症例は、両側の上顎の犬歯が埋まっていて、前歯の根が吸収している患者様で、埋まっている犬歯を引っ張り上げ、根が吸収し、グラグラになっている前歯を抜いて、前もって凍結保存した下顎の前歯を移植して治した症例です。従来なら、根が吸収した前歯には、インプラント治療が第一選択ですが、人工のものを使用せず、自分の歯だけで治せたことは、非常に画期的なことであり、この治療法が普及することを願うばかりであります。

この写真は、移植後の写真で、下顎の前歯(側切歯)を上顎の前歯(中切歯)に移植しており、下顎の抜いたところは、矯正治療で閉鎖しております。

©2017 ゆとり歯科医院 All Right Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?